振袖を買う場合とレンタルする場合の費用

近年は着物を着るより洋服が一般的ですが、成人式などのおめでたい席には振袖を着用したいと願うものです。たった一日のためだけに購入をしても、その後になんかい着用する機会があるのか考えてみると、すぐに購入をするというのは憚られてしまうのではないでしょうか。費用についての考え方はそれぞれですが、購入の場合は着物の代金の事を考えるだけでなく、周囲に着付けができる人がいなければその都度着付けやヘアセットなどもかかってくる事も重要です。レンタルであれば1回の着用金額も少ないですから、その分だけ費用はやや安くなると思えば分かりやすいでしょう。メリットやデメリットは購入でもレンタルでも同じようにありますので、どんな風に今後きられるのかということで費用対効果も考えてみて下さい。

振袖を購入した時にはどうなるのか

記念に残る成人式をしたい、と思って親や祖母から着物の購入の打診があると本当に喜ばしいものです。いろんなカタログやお店を見ていると、価格も雲泥の差があります。最近は素材も手軽でお安い10万円を切るようなものもあるのですが、長く着続けたいと思うのであればお値段もある程度するものの方が良いでしょう。一式で無難とされる価格としては、20~30万円ぐらいですが、天井を見ていけば100万円は軽く越す事もあります。予算も伝えながら、一般よりやや高めぐらいの価格で考えて用意をすれば、後になっても「この振り袖を購入してよかった」と思えることでしょう。購入する際にはアフターケアなども万全のお店を利用すると、お手入れや着用する時に何かあったときにも相談しやすいのでおすすめです。

レンタルを利用する場合にはどんな風にするか

振袖の購入を検討しつつも、やはり1回か数回ぐらいしか着用もなさそうだと思ってしまうと、数十万円の着物を買うのは勇気がいります。レンタルであれば10万円もすることはありませんので、着付けやヘアセットなどのことも考えれば、出費もそれほどではないと感じられるでしょう。気軽なタイプなら1万円前後でフルセットのレンタルができたりもします。インターネットからの予約であれば、割引などもしてくれるお店もありますし、探せばクリーニングも不要というように書いてあるところもあるので、当日は着用を楽しんですぐ返すというだけでいいので保管などの手間もかかりません。その都度流行にあわせた着物選びもできますので、お店も良く考えながら選べば思い出深い振袖選びが楽しめるでしょう。